ホルモン剤は魔法の薬なのか?

ホルモン剤ってどんな効果があるのか?どんな場合に使われる? - 男性更年期障害のホルモン治療の効果について

男性更年期障害のホルモン治療の効果について

更年期障害は女性だけの症状と思っている人が多いかもしれませんが実は男性更年期障害というものもあります。
治療をしていく上で日本はまだまだ欧米とは遅れている部分もあるようですが、ホルモン補充治療が主に行われているようです。
では、どのような効果があるのでしょうか?調べてみましょう。

【男性にも更年期障害はあります】

更年期障害といえば女性がかかってしまう症状と思われているようですが、実は男性にも起こりえる症状になります。
女性と同じく、倦怠感や不眠、不安やマイナス思考になってしまうといった症状が代表的にあり、男性ホルモンが減ってしまうなどです。
生きていく気力がなくなってしまうという事から死に追いやられてしまう事もあり、とても危険な病気でもあるのです。
また定年後などの男性にも多く、仕事一筋でやってきた人ほど仕事が退職してからの生活に大きなギャップを感じてしまって更年期障害がはじまってしまう事もあるようです。

【ホルモン治療で治せるのか?】

男性ホルモンが減ってしまっている人にはテストステロンというホルモン剤を補充するという治療が行われており、怖い、危険などの印象が持たれています。
ホルモン治療になるのでもちろんその人に合った量、方法で行ってはいますが、副作用がゼロという事は言い切れないのです。
そういう点から少し怖いイメージを持たれてしまったようです。
しかしこのような男性ホルモン治療を行ってからは改善している例も多くあり、ホルモン補充治療が進んでいる欧米などではたくさんの改善例がみられています。

【まずは病院で診察を!】

女性と同じ様に更年期障害を抱えてしまう男性ではありますが、原因など付きとめ予防をする方法は難しいかもしれません。
しかし今の生活を見直し、ヘルシーな生活をはじめる事でそれが予防になるかもしれません。
また症状が出てきている場合は、まずは病院でみてもらう事をおすすめします。
そしてホルモン治療などで改善していく事が出来れば未来も明るくなるのではないでしょうか。

関連する記事