ホルモン剤は魔法の薬なのか?

ホルモン剤ってどんな効果があるのか?どんな場合に使われる? - 乳がんの増加とホルモン治療について

乳がんの増加とホルモン治療について

人は様々な病気にかかってしまい、健康を意識した生活を送っていても病気にかかってしまう事もあります。
どんな病気にもはっきりとした原因が分かっているのであれば予防する事は出来るのですが、なかなかそうはいきません。
また女性だけにかかってしまうという病気もあるのですが、それにはホルモンが関係しているようです。
そんな病気や治療方法について調べてみましょう。

【乳がんを患う確率約12人に1人】

実は日本人の女性の乳がんにかかってしまう確率は年々増えていると言われており、1980年代と比べても3倍になっているようです。
どうして増えてしまっているのか?その原因はまだまだ解明されてはいないようですが、やはり生活習慣の変化は大きいようです。
昔よりも働く女性が増えたり、その為結婚をしない女性が増え、少子化になっているなども下人には挙げられるようですが、はっきりとした原因はまだ掴めていません。
では、乳がんに関する治療法にはどのような方法があるのでしょうか?

【一般的なホルモン治療】

女性ホルモンとして知られる1つがエストロゲンになり、これは女性が持つホルモンでもとても大切なホルモンです。
女性らしい体を作ったり、生理でもこのホルモンは大切です。
しかし乳がんになってしまう1つの理由がこのエストロゲンでもあります。
なので、女性ホルモンを抑える治療というものが乳がん治療には必要になってくるのです。
ホルモン剤を投与する治療になるのですが、上手くいけばかん細胞の働きを抑えられるので増殖を防ぐ事も出来ます。
ホルモン剤を投与すれば眠気などの副作用が出てしまう事もあります。
これは人によって個人差があると言われているので全ての人が副作用で悩まされるという事はありません。

【治療で改善していこう!】

病気にかかってしまうとなかなか思った通りの人生を歩めなくなってしまいます。
だからこそ、治療には前向きに取り組む必要があるので、めげずに改善されると信じて治療を受けるモチベーションが大事だと思います。

関連する記事