ホルモン剤は魔法の薬なのか?

ホルモン剤ってどんな効果があるのか?どんな場合に使われる? - ホルモン治療と副作用や頭髪について考えよう

ホルモン治療と副作用や頭髪について考えよう

ホルモン治療を受けたことによって、副作用が起こってしまうという事はあるのでしょうか?
ホルモンバランスはとても繊細であり、偏ってしまうと体に色々異変が起こってしまうなども言われています。
では、ホルモン剤にはどのような副作用が起こるものなのでしょうか?調べてみましょう。

【ホルモンと頭髪の関係】

ホルモン治療はホルモンバランスが崩れてしまっている時にそれを助ける為に補充をしたり、抑制をするという治療方法になります。
女性の乳がんなどのように女性ホルモンを抑制しなければいけない!というような病気の時にはエストロゲンの働きを控えさせるホルモン治療になります。
なので、女性ホルモンは体の中から急激に減ってしまうという事もあり、頭髪が薄くなってしまう事もあるのです。
もちろん個人差はあり、急激に頭髪が減ってしまう人もいれば、徐々に時間をかけて薄くなる人もいます。

【ホルモン治療は危険な治療なの?】

このような頭髪に影響が出てしまう治療と聞けばなんだか危ない治療に思ってしまうような気もしますよね。
しかし、その方法を取らないと命に関わってしまうという事をまず考えてみてください。
女性に起こる乳がんや男性に起こる前立腺がんなどは治療に励むしかありませんよね?
病院で治療をするしか方法がなく、病院で進められる方法に取り組むしかありません。
なので多少の副作用はあったとしてもそれでまた長生きが出来ると思えば嬉しい事ですよね。

【ホルモン治療は怖い治療ではない】

もちろん今では出来るだけ副作用を少なくする為に色々な工夫された治療がされています。
食事療法を取り入れたり、和ハーブを取り入れた方法で体質改善に試みたりしているのです。
どうしても必要な時こそ、ホルモン治療で改善をするので決して持たれているような怖いイメージは取り払っていいのではないかと思います。

関連する記事